2017年4月6日木曜日

甘鯛の半身塩焼き

美味しいものを食べている時、煙草の煙が来たら最悪。
そして、禁煙の店は基本的に美味しい。
そこで、町の名前に禁煙レストランを加えて検索する。
その上で、3000〜8,000円で更に絞り込むと、なかなかいい店が見つかる。
そんな風にして検索して京都で見つけた店の一つがここ。
燕(えん)
ここの大将はニューヨークで修行し、米国食品衛生管理の資格も持っている。
今日のお造りは少量ずつ5種類ほど盛り合わせてくれる。
この日は甘鯛があり、贅沢して半身を塩焼きに。
甘鯛って、美味しいねえ!
小さい店で、人気抜群のため、かなり前からの予約が必須。

2017年4月5日水曜日

ヒメマスの塩焼き

 京都、河原町通り2条に、海産物と飲み物全てオーガニックの料理屋がある。
海鮮料理 海
鮮度良い白身魚の突き出しを食べだしてふとカウンターの上を見たら牡蠣が干してある。
干したばかりのようで、一滴汁が落下。
この店は完全禁煙なので、干しておいても被害は無し。

 干し上がったのがあるというので注文したら、なかなか珍味。

メニューにヒメマスがあるので、塩焼きに。
ヒメマスは優しく優雅な美味しさなのに、あまり知る人はいないという。
皮側に切れ目を入れて焼いたのが出てきた。こうするとパリッと焼けた皮が少しずつ食べられてうれしい。

2017年4月4日火曜日

ホウボウのアクアパッツァ

 新宿駅周辺で美味しい店はここ。
ろばた 翔
突き出しはいつも刺身の盛り合わせ。
4人で行けば一人一切れが盛り付けてある。
椎茸は、炉端で傘を下に焼き、傘の裏にスープが乗った状態で持ってくる。
まずはスープをずずっと吸って、傘を食べ、柄は後で天ぷらにしてくれる。
おすすめは最後の絞めにするアクアパッツァ。
今日はホウボウ。
濃いスープにホウボウが浮かんでいる。
寄ってたかって骨までしゃぶり、スープをつまみに更に飲み、少しだけ残ったスープ、皿を持ち上げて飲み干した。

2017年4月3日月曜日

1612リスボン-10:ベビーポークのロースト

今回借りたアパートの周囲はどうも美味しい店だらけのようで、毎夕適当に入る店が全て素晴らしい。
近くの階段の途中にも気になるレストランがあり、リスボン滞在終盤で入った。
豚肉を食べたくてメニューを探したら2つ。
1つはチークミートで、これは昨晩食べた。
もう一つは提携農場の豚のローストとある。
 どの部位かわからず頼んだら、巨大な塊が来た。
しかし、裏側を見たら凹んでいる。
ああ、これはベビーポークのスペアリブだ。
そうだ、ポルトガル名物の一つにベビーポークの丸焼きがあった! うまく出会えた。
聞いたら5キロほどのベビーポークだそうで、そのスペアリブ片側1枚分をそのままローストしてある。
スペアリブの骨そのものはチキンほどの細さ。
先端部分の軟骨は小さいながらあり、ここが最高に美味しいね。
着々と食べて、バラバラになった骨だけが残った。
チキン1羽食べ終わったような状態。
付け合せのマッシュドポテトはとてもじゃないが入らない。
腹一杯で満足し、外に出たら静かなリスボンの坂に店の光が控えめに灯っていた。

2017年3月31日金曜日

1612リスボン-09:豚のチークミート

豚のチーク(頬)肉をハム風にしたもの。
アイスバインの赤身部分を食べているようだ。
他のレストランでもチークミートはよく見かける。ポルトガルの皆さん好きなのかな。

2017年3月29日水曜日

1612リスボン-08:干鱈の料理

 気になっていた干鱈の料理にやっと出会った。
蓋をかぶせた丼で出て来て、開けたらグラタン風。
味はまあまあといったところ、感動する美味しさではなかった。
ポルトガル産のソーヴィニヨンブランは最高!



2017年3月9日木曜日

1612リスボン-07:提供温度入りワインメニュー

 スパークリングとホワイトワインの提供温度は6〜8℃。
赤ワインは12〜14℃。
別の店ではガラス張りのワインセラーの中に小型の空調機を入れている。
リスボン、ワインを大切にしている店が多い。