2017年12月15日金曜日

17マドリッド:02.スペイン産の和牛

 ソル駅近くのデパートの中に高級スーパーが入っている。
肉売り場にWAGYUがあり、サンタロザリオ農場産となっている。
これは、スペイン産の和牛だ。
生産地はマドリッドの北、ビルバオの南。
3年ほど前にコペンハーゲンで食べた和牛はオーストラリア産だった。
その頃ロンドンのハロッズにはスコットランド産と神戸産の2つの和牛が売られていた。
WAGYUは世界に広がっているが、こっちの人は和牛の大元は日本だと知ってるのかね?
複雑な気持ち。

2017年12月13日水曜日

17マドリッド:01.アーティチョークのフライ

 ポルトからイベリア航空で1時間、マドリッド到着。
アパートにチェックインして出かけようとしたらドアの鍵のトラブルで1時間ばかり閉じ込められ、解決して外に出たら、メイン通りも裏通りも歩行者天国になり、原宿の竹下通りを百個ばかり集めたような大混雑。
 あとで調べたら、この日はスペインの憲法記念日で祭日。水曜日だが、金曜日もキリスト教の祝祭日。ということで、木曜日に休みを取れば、5連休になり、スペインなら会社そのものも休んじゃう所も多いだろう。そのスペインのゴールデンウイークの初日でこんな状態に。
人の流れに身を任せていくしか無い。
 サンミゲル市場横の適当なレストランを見つけて入った。
メニューの中に、一度食べてみたかったアーティチョークがある。
これはアーティチョークを開いてオリーブオイルで揚げ、塩味。
柔らかく、香り良い。
メインにラムチョップを頼んだら、鶏の唐揚げのように山のような盛り付け。
このラムは野生そのもので、ちょっと硬く、色は浅いのに味には深み。鶏でいえばコーニッシュゲームヘンみたいなもんだな。
サンミゲル市場の中も、通りも、超大規模な混雑はまだまだ続く。

2017年12月12日火曜日

17ポルト:06.熟成クラブステーキ

 アパート近くはカフェやレストランが多く、食べる所に困らない。
その一画に、この地域になじまない肉屋がぽつんと。
対面ケースの中に、これまたぽつんと売れ残ったようなクラブステーキが1枚置いてある。
素材も試してみたい。
まあ、腐ってはいないだろうからとこれだけ買って、今晩のディナーに加えた。
焼いて食べたら、十分に熟成してあり、最高!

2017年12月11日月曜日

17ポルト:05.2本200円の骨付きバラステーキ

 オーガニックストアで豚の骨付きバラ肉を2本切り出したら200円。
キロあたり0.56ユーロ(72円)!。何という安さ。
もちろん皮付き。
豚の皮ってすごいよな、美味しいし、カバンにも靴にもなる。
 スーパーボックの高品質そうなの6本パックを買い、サラダ野菜、玉葱、ハム、ついでに白ワイン1本も追加して、合計で18ユーロ! 今晩はアパートでディナー。
とんでもなく重いリュックになったのでタクシー。歩いて30分以上かかる距離を5ユーロ。
豚バラ骨一本分の厚さは結構あり、これが2本だとかなりの量。
塩、胡椒、粉末にんにくをかけ、パンフライの途中で玉葱を放り込む。
焼けたところをかぶりつく前に、スーパーボックを瓶ごとグビグビ。
そして、ポルトガルの豚肉は美味い!

2017年12月7日木曜日

17ポルト:04.大航海時代の味

 ポルトガルは大航海時代、船乗りの食事に干鱈を持っていった。それにラム酒。
この干鱈は街中で売っていて、食べてみたかったが、毎日水を替えながら戻すのに1週間かかるというので諦めていた。レストランで普通にあるが、タラの前にやっぱり肉になってしまっていた。
そこで今回挑戦。
アパート近くのホテルの高級そうなレストランに入り、私の大好きなスーパーボックビールで助走。
この店のスーパーボック用のグラスは、下部の一角が凹んでいて、つかみやすい、良い工夫だ。
タラが来た。
かなり肉の厚いタラで、切り取り、口に入れて噛むとシャキシャキ。野菜をかんでいるような食感がある。不思議な感覚。
これを食べながら、日本まで来たわけだな。
味はおいしくなかったが、大航海時代にちょっと触れた。

2017年12月5日火曜日

17ポルト:03.ポルトワイン

 ポルト(ポート)ワインは日本でも有名だが、これは一般のワインとは違って、ブランデーを添加する。
ポルトのワインメーカー「Calen」のツアーに参加。
 樽に使う木を修理しながら150年使うという。これは北海道の余市のニッカのウイスキー工場でも見たが、ここのは規模が違う、とてつもなくでかい樽だ。
ツアーの仕上げに赤白両方のポルトワインを試飲。
私は甘いワインはデザートワイン以外は飲まないが、このポルトワインは好きになった。なぜならこれはデザートワインとして最高。ワイン主体の会食で、最後に皆さんはケーキなどのデザートを食べている時、私は赤ワインを頼むが、これからポルトワインもいいね。しかしいいのは値段が……
試飲したので、赤は香りがいい、白は味がいい。交互に飲んでも問題ない、不思議だね。
工場の前のドゥエロ川にはCalenのデモの昔の出荷船が樽を積んで浮かんでいた。

2017年12月4日月曜日

17ポルト:02.豚とアサリとチンゲン菜

「レストランLSD」で食べたいメニューが色々あったので、再び。
今日はイベリアポークのフィレ。
見ただけではビーフウエリントンの豚ヒレ版だが、ナイフを入れ出すとぜんぜん違う。
太いテンダーロインをパイ皮ではなくポテトの千切りをつなげて厚い皮にして巻いてあり、それをロースト。
ガロニとして何とアサリが周りにおいてある!
これ、あとで調べたら、ポルトガルでは豚肉とアサリが一緒に盛り付けてある料理が結構あり、これがまた合う。
更に、チンゲン菜だ。
風味を出すために軽く炙ってある。
豚とアサリとチンゲン菜!
下には複数のハーブを使ったソース。
上には泡立てたソース。
すごいね!