2017年2月23日木曜日

1612リスボン-04:熟成済みテンダーロインステーキ

 市場横のステーキハウスの熟成庫内の肉には日付入りのラベルがついている。
2週間程度も入っているので、ここで熟成中のブロックもある程度あるようだ。
フィレの200グラムを注文。21€で、リスボンの価格としては高い方だ。
 焼いたあとスライスしたのが出て来て、何も付けないで一口食べたら、素直な味。
ソースは、ガーリックマッシュルーム、それにヒマラヤの岩塩も別に付いている。
ソースも塩もこの素朴なステーキにぴったり。



2017年2月8日水曜日

1612リスボン-03:グルメハンバーガー

 市場の周りには美味しそうなレストランが集まっている。
予約受付ず、昼夜通してやっているステーキハウスに夕方早めに入った。
店の入口には熟成されたロインがみっちり入っている。
これは良さそうな店だ。
 ヨーロッパですっかり定着した高級ハンバーガーはここではどうなっているか。
予想通り、厚さというよりも高さを誇りそうなのが来た。
 チコリの上にクルミが乗せてあるのをサラダ代わりに。
食べでがあるねえ。
カウンターでのステーキもまたいいもんだ。

2017年2月2日木曜日

1612リスボン-02:イベリコ豚の郷愁煮込み

 ポルトガル料理レストランでイベリコ豚のキリングなんとかというのを頼んだら、煮込みが来た。
カツオのナマリのような見た目。
なんだこれは? と食べたら、じんわり美味しい。
それでもなんだかわからないまま、二口三口食べていくと、一口ごとに美味さ増大。
舌が次第に理解するに連れてますます美味しくなる。
食べ終わる頃に気がついた、そうだ、これがポルトガルの味なんだ。
ポルトガル風郷愁煮込み。
またサウダーデが出てきた。

翌日街で見つけたポルトガル式ファーストフード店で、煮込みの状態がわかった。
リスボンの空、雲と青空がくっきりと分けられている

2017年2月1日水曜日

1612リスボン-01:サウダーデ的ポルトガルビール

バルセロナからリスボンへ。スペインからポルトガルに入った。
ポルトガルの美味いものはまずはビール。
ナンバーワンは「スーパーボック」そして続くは「サグレス」
サグレスはポルトガル南端にある町の名前だ。
スーパーボックは国際的な品評会で31年間トップの座を守っている。
日本での購入は以前は出来たが、今は出来ない、入荷の見込み無しになっている。
リスボンのアパートチェックインしてからスーパーに行ったら、あるある。
330ml瓶が何と0.52€、64円! とりあえず数本買ってアパート一旦帰り冷蔵庫へ。
再度出て、近くのボルトガルの創作料理というレストランに入り「まずはスーパーボックくださ〜〜い!!」
昨年12月から、一年ぶりのスーパーボック。
どうだ、美味いだろー、というのではなく、誠実な旨さ、だな。
ポルトガル人のように、優しいが深みがある。
サウダーデ(孤愁、郷愁)、ファド(ポルトガル特有の哀愁歌)的。

2017年1月30日月曜日

1612バルセロナ-18:ドライエージドビーフ・ステーキ

 こっち来てから豚肉ばかり食べていたので、ステーキ中心の大型レストランで牛肉を食べることにした。
30日ドライエージした250gのショートロイン(サーロイン)ステーキでチャコールグリル。
 焼き方を聞かないので「ミディアムレア」と言ってみたら頷いたが、出て来たのはミディアムウエルダン。焼き方気にしないようだ。
赤身の硬い肉が適当に熟成されてある程度は軟らかくなっている。
牛肉の味みっしり。
肉を噛み締めている実感。

2017年1月18日水曜日

1612バルセロナ-17:特大ホワイトアスパラ缶

 デパート「エル・コルテ・イングレス」で、extra grueso(特大)サイズのホワイトアスパラの缶詰を見つけた。6〜8本入り。
開けたら、ずっしりと太く重いのが7本。
皮を完全に剥いて、軟らかくボイルされている。

これに、panceta fresca を焼いたのが今晩のディナー。
panceta fresca は野性味たっぷりで、日本から持ってきた柚子胡椒と醤油で食べる。
味濃く、こっちの豚肉最高。これで2ユーロちょっとなんだから嬉しくなるね。
ただ、これをもし日本で売ったら、獣臭い、豚臭い、などと見られて酷評されるだろうな。
と畜も湯剥きなので、豚毛の跡が残っていて、すぐにクレームになるのは確実。
おまけに一部にはバラ骨先端の軟骨な残った状態なんだから、異物混入と言われかねない。
私好みのこの頑丈な豚肉は、やっぱりこっち来て楽しむしかないな。

2017年1月10日火曜日

1612バルセロナ-16:オーガニックスーパー「veritas」

 「veritas
入った最初のケースに豆腐と豆腐を使った加工製品が30アイテムほどズラリ。
オーガニックスーパーはEUどこに行っても静かなブーム。

充実した肉売り場があるのも珍しく、美人のマダムが赤身のチキン、仔牛などをたっぷり買い込んでいた。全てヘルシー系統の肉だ。健康志向の皆さんのビッグパーティでもあるのかな?
 きれいな対面の肉売り場だ。
 そこでこっちは脂たっぷりの「panceta fresca」を購入。豚バラスライスのハーブ味オイル漬け。

対面陳列とオーダーカットが一体化した機能的デザインのケースが素晴らしい。
こんな対面ケース、日本で似合う店はあるかな?
購入した肉を小型の真空パック機でパックしてくれるのもいい。